賃貸物件を選ぶ際にやっておいた方がいいことあれこれ

不動産会社に行く前の下準備

賃貸物件を探すときに絶対にやってはいけないのが何も考えずにいきなり不動産会社に行くことです。

特に目的を決めないまま不動産会社に行くのは自ら罠にかかりに行くようなものです。不動産会社の担当者から希望を聞かれて次々に物件の情報を提示されます。目的がない状態ですから、紹介された物件が良い物件なのか悪い物件なのか判断できません。悪徳不動産会社だった場合は、誰からも借り手がつかないような不良物件を知らないうちに掴まされていることもあります。

賃貸物件を探すにあたってもっとも最初に行わなければいけないことは、自分がどのような部屋に住みたいかを漠然としたイメージでいいので思い描き、インターネットの賃貸情報サイトの絞込検索を利用して自分がどのような物件に住めるのかを知ることからはじめましょう。

ネットの賃貸検索サイトは複数のサイトを利用する

賃貸物件サイトに掲載されている物件にはそのサイトが独占的に権利を握っている物件と、複数の不動産会社が共有している物件とがあります。

ですから、複数のサイトで同じ条件の物件を検索するようにしましょう。複数の検索サイトを利用することによって、一つのサイトだけでは見つけることができなかった物件を見つけることが出来ますし、同時に共有している物件を知ることができます。

共有している物件は大きく分けると2種類あります。1つはなかなか借り手が見つからないため、持ち主が複数のサイトに売り出しを依頼している場合、もう一つは人気物件のため、複数の賃貸情報サイトが自ら宣伝することを買って出ている物件の場合です。

都会の活気を求める方にも、落ち着いた住環境を求める方にも選べるのが、札幌市中央区の賃貸の特徴です。市電沿線なら、大通エリアまで乗換なしです。