住宅を建築する場合に考えておきたいことは何か

どれぐらいの広さにするかを考える

住宅の建築を考える場合には、まず間取りを決めなければなりません。日本で販売されている建売住宅の場合ならば、3LDKか4LDKが一般的でどちらかといえば4LDKの方が多い傾向にあります。なぜかといえば、一般的に日本人の家族は4人家族が多いからです。親が二人と子供が二人のパターンが多く、ちょうど4LDKの場合だと4人家族がぴったりの広さです。ですが、これは一般的な例であって実際に注文住宅を建築するときには建売住宅の間取りと同じようにしなくてもよいです。
結局は、そこに住む人はどのようにその住宅を利用するかによりますので、例えば二人で住む場合にも、様々な理由で部屋を使うならば4LDKでもよいわけです。この場合には、住み始めてからどのような目的で使うかを明確にしてから設計しましょう。そうでなければ、考えていたよりも部屋が少なかったり、逆にひと部屋余らせてしまうようなことがあるからです。

階段をどこに設置するかも悩みどころ

2階建ての一戸建て住宅の場合には、必ず階段がどこかにありますが、大きく分けてリビングの中にあるパターンと、リビングの外側にあるパターンがあります。どちらがよいかはそれぞれのメリットを知った上で決めるべきです。リビングの内側にあるタイプは、2階の部屋に行く時や2階から降りて来るとき必ずリビングを通らなければいけない造りになります。そうすると、自然に家族が一度は顔を合わせることになるメリットがあるでしょう。
これに対して、リビングの外に階段がある住宅は、リビングでエアコンをつけた場合などは階段から空気が抜けることがなく電気代を無駄にすることがなくなります。

狭い区画を利用した家造りを東京都では実現できます。特に足立区の注文住宅では、その特徴が顕著です。 一般的な一軒家より、価格を抑えることが可能です。