店舗デザインは何から始める?疑問を解消してからスタートしよう!

店舗デザインはイメージ作りが最初

これから店舗を用意して経営していくという場合には店舗デザインをする必要があります。必要な店舗物件を確保して設備工事を入れ、内装を整えて開業するという流れが基本です。店舗デザインは物件選びの時点から始まり、内装を決めるとそれに合わせた形で配管などの設備工事を入れることになります。物件次第で内装も変えなければならなくなりますが、先に内装を決めてから物件を探すという方針を選ぶと理想を追求可能です。そのため、まずは内装のイメージ作りをしてどのような店舗に仕上げるかを決めるのが重要になります。雰囲気をどのようにするかという点から考えてしまいがちですが、大切なのは機能性を考えることです。

店舗は機能を最優先するのが基本

顧客の視点に立って快適さを考えつつ、経営者の立場から売り上げを増やすという二つの方向性で機能性を高めるのが最も初めに考えると良い点です。これに関わるのがコンセプトであり、どのような顧客をターゲットにして販売をするかを決めなければなりません。急いで買い物をしたい人をターゲットにするならコンビニのようにレイアウトし、ゆっくりショッピングを楽しみたい人をターゲットにするなら広めの店舗を作って休憩室なども用意するといった工夫が必要になります。そして、売り上げについては基本的には顧客のニーズとコンセプトが合致すると上がって行きますが、もう一つ重要なのが顧客の店内滞在時間です。これが長いほど売り上げが伸びやすいので顧客の動線を適度に長くするのが基本とされています。

一括見積サイトを使うのが、効率的に内装デザインを発注するコツです。良い業者が見つかった場合には、費用などを詳細に打ち合わせるのがポイントです。