お店の魅力を最大限に生かすためのデザインを考える

宝石店は店内を明るくした方がいい理由

お店をスタートさせるならば、お店のコンセプトとデザインを一体化させることが重要ですが、お店の魅力を最大限に引き出すようなデザインを真剣に考えてみましょう。例えば、これから宝石店を経営したい場合には、地味な見た目よりもすこし派手な方がお客さんが訪れやすくなります。なぜかといえば、宝石のイメージ自体が派手だからです。

明るく見せる方法は簡単で、まず可能なかぎり照明を使うようにしましょう。照明を多めに利用することで、なぜか明るいイメージに見えてしまい、気分も明るくなります。

基本的に宝石の場合は、対面販売をした方が側面販売よりも売り上げに効果があるとされており、ショーケースを店舗の真ん中に配置した方が、より効果的でしょう。

メインの商品の配置を考える

光を当てる場合の注意点ですが、商品によっては強い光を当てることで劣化してしまうものもあります。そのため、いくら宝石を明るく見せようとしても光が強いスポットライトでは逆効果になってしまう可能性があります。スポットライトを使う場合でも、商品との距離を考えて利用するようにしましょう。

お店の中で必ずメインとする商品がありますが、この場合は一段高い所に置いておくのも作戦の一つです。一段高いところに置いておくことで、おのずとお客さんが注目しそれが売り上げにつながる可能性が高いからです。この時のスポットライトの付け方も重要で、光源がお客さんに直接あたるとまぶしく見えてしまい商品がよく見えなくなりますので、どの角度から光を当てるにしてもお客さんが見やすいようにしておくことが大事です。

店舗デザインで重要になるのは、お客さんとショップ店員の動線です。例えばレジの位置などは重要になってきます。店舗を構える時には実際にどのような動きが生じるのか、デザインに組み込んでいくのがポイントです。